長くつ下のピッピの世界展~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~ 日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

2018/7/28(土)~9/24(月・祝) 東京富士美術館

開催概要

  • 東京会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    東京富士美術館:本館・企画展示室1~4
    〒192-0016 東京都八王子市谷野町492-1

    ●アクセス方法

    JR八王子駅 北口
    [始発から12:29発まで]
    西東京バス14番のりばより
    ・創価大正門東京富士美術館行き
    ・創価大学循環
    「創価大正門東京富士美術館」で下車
    [12:31発以降]
    (ひよどり山トンネル経由)西東京バス12番のりばより
    ・創価大正門東京富士美術館行き
    ・創価大学循環
    (八日町経由)西東京バス11番のりばより
    ・創価大学循環

    いずれも「創価大正門東京富士美術館」で下車

    ●開催期間

    2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)

    ※休館日:月曜日
    (9/17(月)は開館、9/18(火)は休館)

    ●開館時間

    10:00~17:00(16:30受付終了)

    ●入場料金

    大人1300(1000)円、大高生800(700)円、
    中小生400(300)円、未就学児無料

    ※新館常設展示室もご覧になれます
    ※土曜日は中小生無料
    ※( )内は各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館メルマガ登録者ほか]
    ※障がい児者、付添者1名は半額[証明書をご提示下さい]
    ※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料[証明書をご提示下さい。休館日の場合は適用できません]

    ●イベント情報等

    最新ニュースはこちら

    ●主催

    東京富士美術館

    ●後援

    スウェーデン大使館、デンマーク大使館、エストニア大使館、八王子市、八王子市教育委員会

    ●協賛

    野崎印刷紙業

    ●協力

    アストリッド・リンドグレーン社、コピーライツアジア、徳間書店、岩波書店、偕成社、スウェーデンハウス、イケア・ジャパン

    ●企画

    東映、東京富士美術館

    ●監修

    菱木晃子(北欧児童文学翻訳家)

  • 宮崎会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    みやざきアートセンター(入場口5階)[リンク]
    〒880-0001宮崎市橘通西3丁目3番27号

    ●アクセス方法

    飛行機 :宮崎空港から車で20分
    JR線 :宮崎駅下車、西口より徒歩15分
    バス :橘通3丁目 下車すぐ /ボンベルタ橘前 下車徒歩1分
    車 :宮崎自動車道宮崎ICより 国道220号線を市内方面北へ15分
    ■駐車場
    ※下記提携駐車場は、当館3階受付で駐車券提示にて30%割引券を発行
    ・宮崎山形屋東側YYパーク(徒歩5分)
    ・メリージュ通り駐車場(徒歩1分)

    ●開催期間

    2018年12月15日(土)~2019年1月27日(日)

    ※休館日:12月31日(月)、1月1日(祝・火)、2日(水)

    ●開館時間

    10:00~18:00

    ※入場は17:30まで

    ●入場料金

    一般1,000(前売り800)円
    小中高生600(前売り400)円
    未就学児無料

    ※( )内は前売料金
    ※小学生以下は保護者同伴で入場可
    ※障がい者手帳・療育手帳をご提示でご本人様のみ入場無料

    ●イベント情報等

    最新ニュースはこちら

    ●主催

    長くつ下のピッピの世界展宮崎実行委員会
    (みやざきアートセンター、宮崎日日新聞社、
    UMKテレビ宮崎、東映)

    ●後援

    スウェーデン大使館、デンマーク大使館、エストニア大使館

    ●協賛

    野崎印刷紙業

    ●協力

    アストリッド・リンドグレーン社、コピーライツアジア、徳間書店、岩波書店、偕成社

    ●企画

    東映、東京富士美術館

    ●監修

    菱木晃子(北欧児童文学翻訳家)

  • 京都会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    美術館「えき」KYOTO
    〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

    ●アクセス方法

    JR京都駅下車すぐ 京都駅ビル内 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

    ●開催期間

    2019年2月8日(金)~2019年3月4日(月)

    ※会期中無休

    ●開館時間

    10:00~20:00

    ※最終日は17:00閉館
    ※入場は閉館30分前まで
    ※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

    ●入場料金

    【一般】800円(600円)
    【高・大学生】600円(400円)
    【小・中学生】400円(200円)

    ※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

    ●イベント情報等

    最新ニュースはこちら

    ●主催

    美術館「えき」KYOTO

    ●後援

    スウェーデン大使館、デンマーク大使館、エストニア大使館

    ●協賛

    野崎印刷紙業

    ●協力

    アストリッド・リンドグレーン社、コピーライツアジア、徳間書店、岩波書店、偕成社

    ●企画

    東映、東京富士美術館

    ●監修

    菱木晃子(北欧児童文学翻訳家)

  • 名古屋会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    松坂屋美術館
    〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号

    ●アクセス方法

    地下鉄名城線矢場町駅下車、5番出口すぐ

    ●開催期間

    2019年4月27日(土)~6月16日(日)

    ※会期中無休

    ●開館時間

    10:00~19:30

    ※最終日は18:00閉館
    ※入場は閉館30分前まで

  • 福岡会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    福岡市博物館(予定)
    〒814-0001 福岡市早良区百道浜3丁目1-1

    ●開催期間

    2019年7月6日(土)~8月25日(日) (予定)

    ●主催

    長くつ下のピッピ展福岡会場実行委員会

  • 愛媛会場

    ●展覧会名

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

    「長くつ下のピッピの世界展

    ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」

    ●会場

    愛媛県美術館
    〒790-0007 愛媛県松山市堀之内

    ●開催期間

    2019年9月7日(土)~11月4日(月)

    ●主催

    「長くつ下のピッピの世界展」愛媛展実行委員会(愛媛県、テレビ愛媛、東映)

    and more!!

    追加巡回情報は後日発表します。

みどころ

 1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語りました。これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけです。
 そして1945 年、第2次世界大戦終戦の年に出版された世界一強い女の子ピッピの本は、またたくまに世界中の子どもたちの人気を集め、今日まで70年以上にもわたり読み継がれてきました。
 本展では、スウェーデン王立図書館所蔵、ユネスコ“世界の記憶”に登録された『長くつ下のピッピ』等の貴重な原画をはじめ、スウェーデン、デンマーク、エストニア他より、「ピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズ等の原画や、オリジナル原稿、愛用品など約200 点が出品され、その多くが日本初公開となります。さらに、本展のために制作された特別映像や、ピッピの住む〈ごたごた荘〉を精巧に再現した大型模型もお楽しみいただけます。
 また、リンドグレーン作品に描かれる、スウェーデンの生活文化、自然との共生、子育てといったテーマにも焦点があてられます。
 94年の生涯に多くの子ども向け作品を生み出し、“子どもの本の女王”と呼ばれたリンドグレーンは、その人生と作品において、子どもの人権を守り、権力に屈せず正しいと思うことをユーモアをもって貫き通し、子どもたちのために、いちばん大切なものを守る努力を続けました。そんな作者の知られざる人生もご紹介します。
 すべての子どもたちと家族、かつて子どもだった大人たちに贈る、ノスタルジックで心温まる展覧会です。

リンドグレーンがタイプし、愛娘の10歳の誕生日に贈った『長くつ下のピッピ』原稿がスウェーデン国外に初出展!

アストリッド・リンドグレーン作・画

アストリッド・リンドグレーン作・画
《オリジナルピッピ》1944年

カーリン・ニイマン(リンドグレーンの娘)私物

みどころ

アストリッド・リンドグレーン作/イングリッド・ヴァン・ニイマン画《『長くつ下のピッピ』初版本》1945年

アストリッド・リンドグレーン社(スウェーデン)所蔵

《『ピッピ 船にのる』挿絵原画》1952年

イングリッド・ヴァン・ニイマン
《『ピッピ 船にのる』挿絵原画》1952年

スウェーデン王立図書館所蔵(ユネスコ“世界の記憶”登録)

《『ちいさいロッタちゃん』挿絵原画》1997年

イロン・ヴィークランド
《『ちいさいロッタちゃん』挿絵原画》1997年

ハープサル&レーネマー美術館財団/
イロン・ヴィークランド (エストニア)所蔵

《『やかまし村のクリスマス』挿絵原画》1961年

イロン・ヴィークランド
《『やかまし村のクリスマス』挿絵原画》1961年

アストリッド・リンドグレーン社 (スウェーデン)所蔵

作者について
作者について

アストリッド・リンドグレーン

(1907‐2002)

世界的に有名なスウェーデンの児童文学作家。その著書は、全世界100か国以上で翻訳され、出版部数は総計1億6000万部にのぼる。
子どもの人権や動物の権利の擁護者として、あらゆる虐待に反対の立場を表明したオピニオンリーダーであり、男女同権、女性の社会進出や男性の育児参加があたりまえの北欧社会における先駆的な女性でもあった。

公式図録・公式グッズ

※以下は、会場販売商品の一部です。
※価格変更や仕様変更、発売中止及び延期、品切れ等が生じる場合があります。
※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。

and more!!

※他にも、スウェーデン直輸入グッズ、本展公式グッズ、書籍など多数商品を取り揃えております。

最新ニュース
コラボ・タイアップ
コラボ・タイアップ画像

洋菓子ブランド“FIKA”の人気の2種のクッキーの詰め合わせがピッピパッケージで新登場!

卵を使わず片栗粉で固めた不思議な食感のクッキー生地に、ストロベリージャムを詰めて焼き上げた「ハッロングロットル ストロベリー」と、ざくざくとした食感で、表面がひび割れている見た目が特徴の「ドロンマル プレーン」。どちらもとってもおいしいスウェーデンの伝統菓子です。

1,080円(税込)

※こちらは本展会場ではなく、新宿伊勢丹洋菓子売場のFIKA店舗、及び伊勢丹オンラインストアでのお取り扱いとなります。

※伊勢丹オンラインストアはこちら

PAGE TOP